title48.png  

Powered by Ayapon RSS! オススメ 公開質問状 クレジットカード

             
             
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌ってみたをあげました・・・。

今まで当ブログの方針とは異なる記事で「歌」について触れてきましたが
「お前の歌唱力はどうなんだよ」と思った方は多いはず。

ということで、このブログにもリンクを張ることにしました。
是非聞いてください!


玉置浩二さん大好きです。愛してます。

続きを読む »

テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽

人間って脆いよね

肉体は毎日のように怪我して
自然治癒する。

僅かな不幸に悩んでは僅かな幸福に浸りたがる。
宗教とは良くできたものだな。
そんなことで自分の身に降り注ぐ災難が避けれるわけじゃないのに。

自分が普段なにをして幸せと思うか考えてみた
歌ったり、音楽きいたり、ゲームしたり、一人の時間を有意義に過ごせたとき
それが俺の幸せだけど、こんな幸せって達成感ないよね、1人間レベルの幸せってそんなもんなんだよね

誰かの役に立てた時って幸せなのは俺だけじゃない、役に立ってあげた相手も幸せにできる、達成感もある。
誰かを励ましたりするって勇気いるんだよね、言葉は絶対わざとらしくなるから。
相手に気持ち悪いと思われない言い回しを考えたり、自分を客観視したらダメだよね。
励ます時は素の自分でないと。
俺のキャラクターを存分に出して、その時はじめて相手は笑顔になれると思う。

喋れない人は喋らなければいいのよ、面白いこと言おうするから一人だけスベってるのよ。
逆にウケを狙って何か行動するのも悪くないと思う。そうしたいと思ったらそれが俺自身だと思う。

こういうこと考えて、文に起こしてる俺は構ってちゃんで、自意識過剰なんだろうな。


この脆すぎる身体と精神。もういいかな自己嫌悪なんだ。

mionix castor

どうもどうも。お久しぶりです。
BFですが、なんだかんだCS版からPC版へ移行しました。
まぁぶっちゃけ移行後も真面目にやってませんけどね...
で、今回は以前使っていたマウスのホイールがバカになってしまい
mionixのcastorを購入しましたのでご紹介します。

まず、マウスの解像度の単位を知っていただきたいのですがDPIといいます。
普通のマウスだと大体4000~6000DPIあたりですが
castorはなんと10000DPI。
amazonで売っていた安物のゲーミングマウスは最高3000DPIちょいでした。
あのマウスと3倍も解像度が違うのです。。(どれとは言わない)

次に重量。
普通のゲーミングマウスは軽いもので90g、平均100gちょいでしょうか。
ちなみにcastorは約93g。
比較的軽い部類と思います。が、すげー使いやすいです。ぬるぬる。(砂のみ使った感想)

で、マウスの形状がどのように工夫されているのか見て行きたいのですが
まずサイドボタンが左側に2つついてます。
最初見たとき「うわ。。小さいな。」と思ったのですが...
言葉だと伝わらないので写真ご覧ください。
imahasdbfjge.jpg

細いんですよね。絶対押しづらいだろ!と思ったものの、使って3分くらいするともう慣れてきて
「邪魔しない位置に必要分だけある」といった印象に変わりました。
プレイ中は全く邪魔することなく、ボタンを押すときにもスムーズに押せます。

続いてホイール。
かるく触っただけで回るので武器変更がスムーズです。
マウスによってはホイールが硬くて、勢い余って回しすぎたり、押し込んでしまったり、と誤動作が多々あるものの
ハンドガン等への持ち替えもスムーズに行えました。
またホイールの上にはさらにボタンがあり、ここをメインウェポンのキーに割り当てれば
例えば除細動器使用後、すぐメインウェポンに持ちかえることができます。素直に便利だと感じました。

で、一番重要なクリックの感覚ですが
クリック音はまぁまぁするものの、重くもなく、軽くもなく、押してる!!って感じです。笑
どちらかというと多分軽い部類かな?でも軽いと言われると違うんですよね。
こればっかりは、お店にいって試してみてください。
おお!クリックしてる!!って感じると思います。

で、手のフィット感ですが
文句ないんじゃないでしょうか。本当にしっくりきます。
最初持ったときに「うわ、やべぇ」の一言でした。すごいですよ。びっくりします。

で、肝心のお値段。
amazonで買ったのですが...なんと送料込みで9900yen!!!!
たっけええwww
でも、それだけの価値間違いなくあります。
デザインかっこいいし、スウェーデンってだけでおしゃれそうでしょ?笑
Mionix、ちょっといいかもしれない。これからもちょくちょくチェックしていきたいと思います。はい。

で、私。。。
BF買いました!!!
バトルフィールドじゃなくて
バトルフロントね笑
15000円って見たときは飛び上がりました、でも間違いなく神ゲーですよこれ、だから15000円なんてケチるんじゃねぇ!!!
という経緯で予約いたしました。
まぁ楽しいのかはまだわかりませんが
CastorのFPSデビューはバトルフロントからになりそうです。
はい、というわけでoriginの方、フレンド募集しますよ。コメにどうぞお気軽にw。(どうせ来ない)

以上、Mionix castorのレビューとバトルフロント購入の報告でした。
ではまた会う日まで。笑

今日の深夜の1時~2時頃だったかな?
TVでアマの歌オーディション番組を見てたんです。

まぁそれはそれは上手い人が沢山参加していたんですが、うまいと思う人のほとんどが落ちてました。
審査員が求めてるものは「ある程度の歌唱力と素晴らしい表現力」の2種類。
もちろん見せる力、声の質、人間性なども審査基準には入っていると思いますけどね。

ただあまりにも表現力を求めすぎた審査基準というか、これは歌が上手い人、伸びしろがある人を潰している気がしてならないのです。
もちろん歌に隠れた「喜怒哀楽」を表現することはとても重要な要素だとは思うものの
あまり表現に偏りすぎた歌い方というのは歌唱力を潰します。
ようするに感情を込めすぎるとピッチに意識がいかなかったり高音域の喉使いや息使いを謝って張り上げ気味になる等、デメリットは大きいのです。
もちろん改善の余地は全然あると思います。
でも現代の音楽はピッチ補正を簡単に使ってしまう風潮があるせいで正直、これ以上の伸びしろがない気がするのです。
まぁそれは本人の意識の問題なんですけどね。
「もっと上手くなりたい、ピッチ感がまだまだだ!この高音は少しの声を絞ったほうが聴きやすい!」とかね。
そういうことを考えながら歌っていて、常日頃からそれを練習している人は伸びしろがじゅうぶんにあると思いますよ。

で、何が言いたいのかというと
「表現力はだそうと思えば誰でも出せる、それよりも歌唱力ではないか」
ということ。
表現しようと思えばいくらでも喜怒哀楽は出せます。しかし歌唱力を見せに来た人がオーディションという場所で表現力に偏った歌い方をするんでしょうか?
きれいに歌って自分のピッチ感やリズム感、低音から高音までの声の質、息使いを聴いてもらいに来る訳ですよ。
その心理を理解せず、歌は表現だ!と言ってしまう審査員は果たしてどうなんでしょう。
これこそが日本の歌唱力低下に繋がっているのではないかと思うのです。
歌手という世界に入ってしばらくすれば、次第に歌い方にも余裕が出てきて知らずと表現力もついてくると思うんですよ。

でも自分は歌唱力よりも表現力主義です。審査員の言っていることもよく分かる。
けど、歌唱力を見せに来た相手に表現力が足りないと切り捨ててしまうのはあまりにもどうかと思うのです。
おれは心の底から世界の歌唱力向上を願ってます。ひとりでも多く歌がうまくなってほしい。そのためには手本の歌手が大切です。審査員の皆さん、どうか自分の世界を押し付けるのではなく、もっと考えて、ね?
という記事でした。

久々の太鼓さん次郎

お久しぶりです。

もう太鼓さん次郎に関する記事は書かないつもりでしたが久しぶりに太鼓さん次郎を起動したので録画してみました。
最も厳しい判定にしてやったので可が多めですが、通常のジャッジレベルなら恐らく可10~20くらい?
余計なミスが目立ちますが撮り直すのも面倒だったので1発撮りです。



そういえばブログの為に載せていた動画が思わぬ形で伸びていたのですべて限定公開にしました。
検索しても引っかからないので動画を見る際は当ブログまで足を運んでいただきますようお願いいたします。

で、なんでブログ更新したのかなというとブログへのコメントがほとんど質問ばかりなのですが
僕も適当な人間ですのでブログのコメントはほとんど確認しに来てない現状ですので、お急ぎの質問がありましたらお手数ですがツイッターまでリプ飛ばしてくれると非常に助かります・・・

ツイッターはこちら。
twitter.jpg

はい、以上です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。