title48.png  

Powered by Ayapon RSS! オススメ 公開質問状 クレジットカード

             
             
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mionix castor

どうもどうも。お久しぶりです。
BFですが、なんだかんだCS版からPC版へ移行しました。
まぁぶっちゃけ移行後も真面目にやってませんけどね...
で、今回は以前使っていたマウスのホイールがバカになってしまい
mionixのcastorを購入しましたのでご紹介します。

まず、マウスの解像度の単位を知っていただきたいのですがDPIといいます。
普通のマウスだと大体4000~6000DPIあたりですが
castorはなんと10000DPI。
amazonで売っていた安物のゲーミングマウスは最高3000DPIちょいでした。
あのマウスと3倍も解像度が違うのです。。(どれとは言わない)

次に重量。
普通のゲーミングマウスは軽いもので90g、平均100gちょいでしょうか。
ちなみにcastorは約93g。
比較的軽い部類と思います。が、すげー使いやすいです。ぬるぬる。(砂のみ使った感想)

で、マウスの形状がどのように工夫されているのか見て行きたいのですが
まずサイドボタンが左側に2つついてます。
最初見たとき「うわ。。小さいな。」と思ったのですが...
言葉だと伝わらないので写真ご覧ください。
imahasdbfjge.jpg

細いんですよね。絶対押しづらいだろ!と思ったものの、使って3分くらいするともう慣れてきて
「邪魔しない位置に必要分だけある」といった印象に変わりました。
プレイ中は全く邪魔することなく、ボタンを押すときにもスムーズに押せます。

続いてホイール。
かるく触っただけで回るので武器変更がスムーズです。
マウスによってはホイールが硬くて、勢い余って回しすぎたり、押し込んでしまったり、と誤動作が多々あるものの
ハンドガン等への持ち替えもスムーズに行えました。
またホイールの上にはさらにボタンがあり、ここをメインウェポンのキーに割り当てれば
例えば除細動器使用後、すぐメインウェポンに持ちかえることができます。素直に便利だと感じました。

で、一番重要なクリックの感覚ですが
クリック音はまぁまぁするものの、重くもなく、軽くもなく、押してる!!って感じです。笑
どちらかというと多分軽い部類かな?でも軽いと言われると違うんですよね。
こればっかりは、お店にいって試してみてください。
おお!クリックしてる!!って感じると思います。

で、手のフィット感ですが
文句ないんじゃないでしょうか。本当にしっくりきます。
最初持ったときに「うわ、やべぇ」の一言でした。すごいですよ。びっくりします。

で、肝心のお値段。
amazonで買ったのですが...なんと送料込みで9900yen!!!!
たっけええwww
でも、それだけの価値間違いなくあります。
デザインかっこいいし、スウェーデンってだけでおしゃれそうでしょ?笑
Mionix、ちょっといいかもしれない。これからもちょくちょくチェックしていきたいと思います。はい。

で、私。。。
BF買いました!!!
バトルフィールドじゃなくて
バトルフロントね笑
15000円って見たときは飛び上がりました、でも間違いなく神ゲーですよこれ、だから15000円なんてケチるんじゃねぇ!!!
という経緯で予約いたしました。
まぁ楽しいのかはまだわかりませんが
CastorのFPSデビューはバトルフロントからになりそうです。
はい、というわけでoriginの方、フレンド募集しますよ。コメにどうぞお気軽にw。(どうせ来ない)

以上、Mionix castorのレビューとバトルフロント購入の報告でした。
ではまた会う日まで。笑
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。